便器交換リフォームを依頼する際の3つのポイント

便器交換価格

排泄は身体にとって不要な水分や有害な物質を外に出すために行われるので、人間にとって生きていくために必要な行為ですよね。これを安全かつ清潔に行うために設計された空間がトイレですが、もし便器に何らかのアクシデントが発生した場合、安全面や衛生面で大きな問題が起こる原因になりますし、衛生的に問題がなかったとしても、水漏れなどの症状に悩ませることになります。トイレに問題があると家族全体にとって困ったことになるので、すぐに便器のリフォーム業者を呼んで一刻も早く正常な状態に戻すことが求められます。

 

便器交換リフォームで業者を選ぶ時には、一体どのような点に気を付けたらいいのでしょうか。まず1つ目ですが、料金の安さだけを見ないようにすることです。トイレや水回りの修理を行っている業者の公式サイトを見ると、非常に安い料金で修理や交換に応じてくれる旨が記載されていますよね。しかし、実際に見積もりを出してもらうとこれよりも大幅に金額が膨らむというケースが多いのです。修理料金が別途発生したり、快適なトイレライフを取り戻すためには各種オプションまで頼まなくてはいけない場合が考えられます。広告に記載されている料金は必要最低限のリフォームや修理に絞った時の金額なのです。なるべく料金形態が明確で、見積りの際にどの料金になるのか説明してくれる業者に依頼しましょう。

 

2つ目は交換した後の便器が大手メーカー製のものかどうかという点です。リフォーム代を安くするために海外メーカーの便器を使っている場合は、部品の交換やサポートなどを充分受けられないことも考えられるので注意しましょう。3つ目はアフターサービスが手厚いかどうかという点です。トイレのトラブルはいつ起こるかわからないので、休日祝日や夜間でも対応をしてくれるのか、保証期間はどれくらいの長さになっているかなど、事前に確認をしておくことが大切です。出来るだけメリットが大きい方が、万が一の時に安心ですね。

和式便器から洋式リフォームを依頼する際の3つのポイント

便器交換業者

最近では新築よりも古くなった家をリフォームする方が増えてきました。新しい家を建て直すよりも安価で済む上、DIYであれば自分の理想により近いものにすることができるためです。しかし、古い家を全て自分でリフォームすることは簡単ではありません。中でもトイレは業者に依頼しないとできないものです。

 

例えば、古い家であれば和式便器であることが少なくありません。洋式便器にリフォームするのであればいくつかのポイントを押さえる必要があります。和式便器から洋式リフォームにおいて、まず重要なのがトイレの広さです。和式便器に比べ、洋式便器を設置するには80cm以上の長さが必要になるとされています。これはタンクの設置が必要である他、立ったり座ったりするのがスムーズに行える広さを確保する必要がある為です。和式便器のトイレは狭いことが多く、この条件を満たせないこともあります。万が一広さを確保できない場合はタンクレストイレなどを検討すると良いでしょう。次に、トイレにコンセントがあるかどうかです。以外にも見落としがちなのがこのコンセントで、ウォシュレットを使用するためにはコンセントが必要となります。トイレのリフォームを依頼する際、ウォシュレットにする場合は必ず伝えましょう。

 

3つ目は洋式トイレの選び方です。一言に洋式トイレといっても「三角タンク式便所」と「一般洋式便所」に大別できますし、一般洋式便所は「床排水型」と「壁排水型」に分けることができます。三角タンク式便所は洋式便所が誕生した当初、狭いトイレスペースを有効活用することを目的に作られました。一般洋式便所の「床排水型」床方向に排水する構造で戸建て住宅で多く導入されています。一方の「壁排水型」は壁方向に排水する構造となっており、マンションやアパートなどの集合住宅で多く導入されています。それぞれリフォーム時のメリット・デメリットがあるので依頼時にはトイレの種類も相談すると良いでしょう。

便器の交換リフォームで考えるべきポイント

便器交換業者

どの家庭でも、トイレは毎日必ず使用する場所なので、どうしても不具合が生じやすくなります。ちょっとした不具合、たとえば水が流れにくくなった、詰まってしまうことがある、というものであれば、軽く修理するだけで済むのですが、不具合の程度によってはリフォームをしなければなりません。特に、便器の不具合については確実な対処をする必要があるため、中途半端な対応は禁物です。とはいえ、とにかく交換すれば解決するというものでもないため、慎重な判断が求められます。

 

便器を交換する作業を確実に行うためには、しっかりとした技術が必要です。そのため、自分で作業するのではなく、専門の業者の依頼しなければなりません。業者の選び方を間違えてしまうと、交換した後にも不具合が生じる可能性もあるため、業者の選び方は重要なのです。便器の交換リフォームをするときは、いくつか考えるべきポイントがあります。ポイントを押さえておくと安心です。リフォームにはお金がかかるイメージがあるため、安く済ませようとする人もいます。しかし、金額が安い業者に任せてしまうと、確実な作業ができないことが多いのです。相場を確認し、安すぎる業者を避けるのが1つ目のポイントだといえます。また、依頼する前に業者の実績をチェックすることも欠かせません。便器の交換リフォームを多く手がけている業者の中から選ぶようにすれば、大きな失敗はせずに済みます。

 

便器を交換するだけのリフォームは、あまり時間がかからないのが特徴です。業者によっては、1日で作業が完了することもあります。しかし、便器の形状などの希望を明確にしていないと、交換作業が終わった後に、やめておけばよかったと思ってしまうこともあるのです。せっかくリフォームをするなら、最新型で掃除などがスムーズにできるものを選ぶのが好ましいといえます。いくら作業が早く完了しても、旧式の便器に交換してしまうと、また不具合が生じ、悩みを抱えることになるのです。

便所つまり処理とは

便器交換料金

便所のトラブルで多いのが、トイレのつまりに関する事柄です。普通に使っていればトイレのつまりが起こることは少ないですが、生理用のナプキンをうっかり流してしまった場合や溶けにくいティッシュペーパーを流してしまった場合などはトイレがつまりやすいので要注意です。水を流そうとしたときにつまっていると感じたら、修理業者に依頼する前にラバーカップで対処してみましょう。かなり単純な方法に見えますが、実際にはラバーカップの威力は抜群で、たいていのつまりならこれで解決します。

 

ラバーカップでトイレのつまりを処理する場合は、まず汚水が周りに飛散しないようにビニールシートに穴をあけてからラバーカップに装着しましょう。この状態で便器の排水口にラバーカップをぴったりと密着させて、勢いよく引いてみます。この状態を繰り返しているうちに、便器の中をつまらせているものが取れるはずです。この後はバケツに入れておいた水を流してみて、問題が解決したか確認します。

 

それでも水がスムーズに流れない場合は、水道工事会社に連絡しましょう。見積もりを出すだけなら無料なので、いくつかの業者の提示する金額を比較することも有効です。トイレに関する問題は緊急性が高いので、24時間いつでも駆けつけてくれるところが多いですし、深夜でも対応してもらえます。より快適でストレスのないようにしたいなら、キャンセル料が無料のところや、修理後に行う簡易クリーニング代が無料の業者を選ぶようにしましょう。料金の支払い方法が複数ある業者の方が便利です。クレジットカードだけではなく、コンビニ払いやローン払いなども可能なら、今手持ちのお金が足りない場合でもひとまず修理だけはやってもらえます。アフターサービスとして、土日祝日や夜間なども来てくれるところや保証期間ができるだけ長いところだと、この先またトイレのつまりや便器の故障などの問題が発生した時にすぐに相談できますね。

便所工事の注意点

便器交換申込

トイレが急に故障してしまうとこれから用を足すときにどうしたらいいのか、すぐに工事業者が来てくれるか焦ってパニックに陥りそうになります。ちょっとしたトイレのつまり程度ならラバーカップで解決することも多いですし、自力で何とかなる場合も少なくありません。しかし、自分で修理をしようとすると失敗するリスクが大きい場合は、DIYでどうにか済ませようとしないで便所工事の業者に来てもらうようにしましょう。トイレという場所が場所なだけに、電話相談なら年中無休で対応してくれます。

 

自力で解決しないでプロに頼んだ方がいいケースは、便器そのものの交換に関することです。便座だけなら家庭だけでどうにかなることも多いですが、便器本体を無理に自力で交換しようとすると、水漏れのリスクが大きくなるので出来れば避けた方がいいでしょう。集合住宅の場合は管理会社はもちろん、下の階に住んでいる住人にも迷惑をかけることになります。上の階の部屋からトイレの水が漏れて来たら嫌な気持ちになりますよね。トイレや水回りの工事をしているプロの業者に頼めば、最新の大手メーカーの便器に交換できるので、高性能のトイレで快適に毎日を過ごせるようになりますよ。
便所工事はなるべく早く終わらせたいので依頼する側も焦って即決しやすいところがあります。でも、出来れば複数の業者の見積もりを確認してから最終的にどこに依頼するか決めた方が失敗することが少なくなりますよ。この時、契約を取るために強引な態度を取る業者はやめておくべきです。便所工事やリフォームは決して安くはありませんし、決めなくてはいけない事柄がたくさんあります。値引き交渉に応じてくれる業者も存在しますが、そのような業者程代わりに即決したがるので、安いからと言ってあまり釣られないようにしたいものです。しつこい勧誘がなく、見積もりについて納得いくまで説明をしてくれる、透明性のある業者の方が信頼できますよ。